CATEGORY

鍼灸

  • 2019年4月27日

鍼灸師が「妊娠」を支える『産後うつ』

「産後うつ」において、これら「産後の体調不良」「ホルモンのバランスの崩れ」も、十分心のバランスを崩す「うつ」の小さな芽だと言えるでしょう。

  • 2019年4月23日

健康の知恵「血の不足は目と爪へ」- 肝木編④ –

夜になって眠くなるということは、夜になって頭を巡っていた血が肝に戻って頭の血が少なくなるからだって考えるんだ。静かに休んでいる時は「血」は肝に収められて消費は抑えられるけれど、昼になり全身に血が巡ることで目でしっかり物を見ることができ、筋肉を動かすことで指先や足なども上手に使うことが出来る。

  • 2019年4月20日

鍼灸家として不妊を考える ⑦『湯液(漢方)』 という選択

「漢方はどうなんですか?」「鍼灸と相性はいいんですか?」と質問を受ける時があります。そんな時は「両方とも同じ東洋医学で、同じように体を考えることから、上手に使えればとても良いですよ!」と答えます。ポイントは「上手に使う」ということです。

  • 2019年4月6日

健康の知恵「肝=肝臓?」 – 肝木編① –

「罷(ひ)」という字は、よく政治家の方が問題を起こし職務を辞めさせる時に「罷免(ひめん)する。」なんて言うけど、他の意味としては、「疲れる」って意味があるんだ。「疲労」の「疲(ひ)」と同じということだね。それで「極(きょく)」という字は、「きわめて」という意味があることから、「罷極の本」といのは「「肝」は心身の緊張による疲労が溜まる大本」という意味になるんだ。

  • 2019年4月2日

「妊娠中の電磁波」一鍼灸師の私見

ネットの情報を見ると、怖い事ばかり書いていますが、仮に電磁波による悪影響があったとしても、電磁波よりスマホいじり過ぎの「目の疲労」「睡眠の質の低下」、情報に翻弄されることによる「気鬱」「精神不安」の方がお母さんにとっても、胎児にとっても宜しくないと考えています。

  • 2019年3月26日

陰陽を体でどう診る? - 花粉症編 –

顔に出ているということは、顔は体で言うと上にあるから「陽」に出ている症状という事になるね。そして、皮膚炎といのも体で言えば外側にあるよね?だから、花粉症という病は「陽」であり、「陽」部に多く出る症状だということが分るね。

  • 2019年3月9日

不妊治療と助成金と医療費控除

今回は「不妊治療」における「助成金」と「医療費控除」、そしてそれに関連する鍼灸の施術費についてまとめておきたいと思います。

>「健康」の大切さを理解しているということ

「健康」の大切さを理解しているということ

あなたはご自身の『心』と『身体』にどれだけ目を向けられていますか?
「健康」でいられるためには、あなた自身が主体とならなければいけません。

その為にも、東洋医学の【英知】を用いて、自分自身の心と体をより広く、深く知り、健やかな生活を育んで頂ければと思います

CTR IMG