CATEGORY

東洋医学のお話しよ。

  • 2020年2月1日

健康の知恵「心の性格は羊?」- 心火編⑥ –

五常は「五徳」とも言われて、以前にもお話しした「儒教」との関連が深いんだ。「五常」「五徳」はとても大切な内容だからまた後で詳しくお話しをするとして。。。「礼」というのは、「礼儀」という言葉からマナーをイメージすると思うけど、儀式に使われる「儀」という字が付く言葉があるくらいだから、「礼」という字は元々神聖な意味を含む字なんだ。

  • 2020年1月18日

健康の知恵「笑いで心を温める」- 心火編⑤ –

元気なくてシュンとしているときに、お笑いの番組とかをみて笑ったりすると、心も体もなんだかほかほか温かい様な気分になるんだよね。そのことから考えると、「笑い」によって心火の働きを高めることができるのかな??

  • 2019年11月9日

健康の知恵「『舌』の状態と『心』の動き」- 心火編③ –

味覚がはっきりしなくなったり、血や熱などをうまく巡らせることができず、舌は青っぽくなったり紫色っぽくなったり、舌の筋肉がうまく動かず、ご飯を食べることがうまくいかなくなったり、滑舌が悪くなったりしてしまうと考える場合があるんだ。

  • 2019年6月14日

健康の知恵「自然の働きから肝をみる」- 肝木編⑦–

時間帯同様、季節においても「春」の時季は木の芽がぐんぐん伸びていくように「肝木」が元気に働くんだ。それは体における肝木の働きがしっかりしていればいいけれど、働き過ぎて疲れてしまいやすいということでもあるんだ。

  • 2019年5月15日

健康の知恵「感情豊かな心の働き」- 肝木編⑥ –

「肝の働きが旺盛だと感情豊か。」「肝が安定していれば感情も安定している。」ということだけど、注意して欲しいのは「旺盛=良い状態」だと言い切れないことは分かっていてね。ある程度「旺盛」という事は悪いことではないけれど、何度も言っている様に興奮が収まらない様な旺盛さは偏りがありバランスを崩し、心と体にとって負担となる場合があるんだ。

  • 2019年4月30日

健康の知恵「酸っぱいを好み涙する」- 肝木編⑤ –

「多感な年頃」「感情溢れる青春時代」、10代から20代というのは、楽しいことも、苦しいことも含めて笑いや涙の多い時代だけど、この時季は「肝」が旺盛な時期であり、不安定な時期。それは「肝情」、「肝の情(こころの働き)」が高ぶりやすく、不安定でもあるということだね。

  • 2019年4月23日

健康の知恵「血の不足は目と爪へ」- 肝木編④ –

夜になって眠くなるということは、夜になって頭を巡っていた血が肝に戻って頭の血が少なくなるからだって考えるんだ。静かに休んでいる時は「血」は肝に収められて消費は抑えられるけれど、昼になり全身に血が巡ることで目でしっかり物を見ることができ、筋肉を動かすことで指先や足なども上手に使うことが出来る。

>「健康」の大切さを理解しているということ

「健康」の大切さを理解しているということ

あなたはご自身の『心』と『身体』にどれだけ目を向けられていますか?
「健康」でいられるためには、あなた自身が主体とならなければいけません。

その為にも、東洋医学の【英知】を用いて、自分自身の心と体をより広く、深く知り、健やかな生活を育んで頂ければと思います

CTR IMG