『痛くない“はり”』

治療で使う“はり(針・鍼)”

一般的に「針を刺す⇒痛い、怖い」という イメージをお持ちの方が多いかと思います。

当所で主に使用するはり(鍼)は、
太さが0.16mm~0.18mmという髪の毛ほどのとても細く柔らかい鍼を使っております。
また、鍼は、筋肉や神経を目的するのではなく、 「ツボ(経穴)」に効かせる様に鍼をします。
特に当所では、皮膚の厚さ約3mm~4mmに刺すことがほとんどで、 刺すというより「皮膚にあてる」という感覚の方が近いです。
そのため、「いつ針をしたの?」と思うほどさりげなく、 筋肉や神経を傷つけることはありません。
また、『赤ちゃんなど小さなお子さん』や 『鍼への不安がある方』『刺激に敏感な方』には鍼の先が丸くなっている円鍼、テイ鍼という、 刺すことが目的ではない針も用いますので、安心して受けて頂けます。

鍼

小児はり

『熱くない“お灸”』

治療で使う“お灸”

ほとんどの場合、温灸と呼ばれる温かくて気持ちいい程度のお灸を使います。
(下の写真は「知熱(ちねつ)灸」といい、 字の通りほんのり温かいのが分かったら取り除くお灸です。

お灸1
症状によっては、米粒よりも小さいもぐさを使う場合熱さを感じる人もいますが、 チクッとする程度の熱さです。
(下の写真は「点灸」といい、火を着けたらすぐに取除くお灸です。)
それでも抵抗感がある方はご遠慮なく申し出てください。

お灸2

治療の前に

主にひじから先、膝から下の肌の状態やツボ(経穴)を使い治療を行います。
そのため
時計やアクセサリー、靴下、ストッキング等は外して頂きます。
また、お腹や背中を診ますので、あらかじめ出せるような服装でお願いします。
(例 Tシャツ、短パン)

【女性の方】
お背中を診るにあたって、「大きめのTシャツ」、「キャミソール」、「タンクトップ」等をご用意ください。
※肩甲骨の間を診る際に
 下着のホックを外させて頂く場合があります。

患者着もご用意してありますので、気軽にお越しください。

着替え

治療の流れについて

アイコン 初 診
問診票にお名前やお悩みの症状についてご記入いただきます。

矢印

アイコン 問 診
問診票をもとに、症状や今の全身の状態を知るために、もう少し詳しく質問させていただきます。

矢印

アイコン 診 察
ここで、直接手足やお腹、脈などを触って診ることで、問診から得られた情報を加味して、「証」という治療方針を組み立てます。

矢印

アイコン 治 療

本治法
まず「証」に従って、肘から先、膝から下に鍼をしていきます。
これは本治法と呼ばれ、症状の根本を治す最も大切な治療です。

本治法を行うことで、全身の調子(気の循環)を整え、 本来持ち合わせている「健やかな体の状態に保つ働き」を回復させ、 自律神経の安定や、自然治癒力(免疫力)の 向上により症状の治癒・緩和につなげます。

また、一本鍼をするたびに、全身の状態を確認するために、 脈やお腹の状態、ツボの反応を診て治療を進めていきます。

標治法
症状のある部位や、症状に関連した部位にも治療を行います。

矢印

アイコン 治療終了
最後に脈やお腹の状態を確認して治療終了です。
お着替え、ご支度が終わりましたらお会計を行います。
次回ご予約を取られる方はお会計後承ります。

topbac